ドラゴンボール超(スーパー)

【ドラゴンボール超(スーパー)】第62話あらすじ解説ネタバレ|

ドラゴンボール超(スーパー)
この記事の内容

ドラゴンボール超(スーパー)最新あらすじ

ここではドラゴンボール超(スーパー)の最新のあらすじをまとめています

今までのあらすじ

昔むかしのこと、七つそろうと神龍が現れ、願いを叶えてくれるという、ドラゴンボールを探して旅に出た孫悟空は、大冒険の末に全てのボールを集めきった。その後、亀仙人の下で修行し、数々に強敵と戦いついに魔人ブウまでを倒し、地球に平和をもたらした

それから月日が流れ、超(スーパー)サイヤ人ゴットとなり地球を破壊しようとした破壊神ビルスからも地球を守った

さらにその後の未来でゴクウブラックとザマスの二人を倒し、「力の大会」12の世界の最強メンバーと戦い、力を競い合った…

そして銀河刑務所である凶悪犯モロが脱走した

ゴクウとベジータは銀河パトロール隊となり、モロを捕まえる任務を受けることになった

運営者
運営者
ネタバレも含むので、その事を理解して読み進めてくださいね

こちらも見てくれると嬉しいです

「ドラゴンボール超(スーパー)」第62話

孫 悟空 この物語の主人公
ベジータ 惑星ベジータの王子、孫悟空のライバル
クリリン 悟空の同期、地球人最強の男
ピッコロ ナメック星人、元地球の神
孫 悟飯 孫悟空の息子
ビルス 破壊神、かつて地球を破壊しようとした
17号&18号 ドクターゲロの手によって改造された人造人間、双子の兄弟
メルス 銀河パトロール隊の隊員、実は天使だった
モロ 銀河系宇宙最悪の凶悪犯
運営者
運営者
【ドラゴンボール超(スーパー)】前回の話では、約束の時が訪れ…モロたちが再び地球に降りてき戦闘が始まりました!!

「ドラゴンボール超(スーパー)」 前話のあらすじ

新たな力を手に入れたベジータのリベンジマッチ!

先制攻撃に一撃を与えるベジータ!だがその攻撃はまったくといっていいほどダメージがない

それでも攻撃の手を緩めないベジータ、以前とはベジータと比べたら強くはなっているがモロの力はそれ以上だ

ベジータの攻撃を受けるだけだったモロがベジータへ攻撃をした。

いとも簡単に吹き飛ぶベジータ…だが攻撃を続けるベジータ

力の差をわからないベジータに腹が立ち、再び攻撃をしたモロ

(ドラゴンボール超(スーパー) 第61話 参照)

だがそのモロの攻撃を避け始めたベジータ!

そして攻撃を続けるベジータ、受けるモロも攻撃をするがベジータに与えるダメージが少なくなっている

その戦いを見ていた悟空だけが何が起こっているのかわかっていた

ベジータの攻撃を受け続けているモロの顔が少しずつ余裕がなくなってきた

(ドラゴンボール超(スーパー) 第61話 参照)

それはベジータがヤードラット星で覚えた技に秘密があった

その覚えた技が”スピリット強制分離”、それはスピリット・魂と生命エネルギーを開放するという技

攻撃を与え続けることで敵が無理やり奪った生命エネルギーを取り除くことが出来るのだ

その技のおかげでベジータの攻撃が次第に当たるようになってきた

モロが集めた生命エネルギーを全て取り除き、奪って者達へ戻っていく

力が無くなり、やられる一方のモロ…最後にベジータがモロにトドメを刺そうとした時。

(ドラゴンボール超(スーパー) 第61話 参照)

奪ったちからはなくなったが、魔力ならあると言いだし上空へ飛び上がる!

突然上空に飛び上がったモロを追いかけるベジータ、モロが向かった先はモロの乗っていた宇宙船

その宇宙船にいたシモレッカとセブンスリー。

モロの目的はセブンスリーだった、セブンスリーのコピー能力にバックアップ機能がついていて地球に来るときのモロの戦闘力を記録していたのだ

そしてセブンスリーごと体内へと取り込むモロ

その時、モロを追いかけ宇宙船へとたどり着いたベジータ、だが既に遅かった…

ベジータが渾身の一撃を放つが、セブンスリーを取り込み姿を変えたモロには通用しなかった

そしてそのまま地上へと突き落とされるベジータ

(ドラゴンボール超(スーパー) 第61話 参照)

地上へと叩きつけられたことで変身が解けるベジータ

そしてそのままゆっくりと地上へと降りてくるモロ

セブンスリーを取り込み、変身をしたモロ

修行の成果を出し切った悟空・ベジータ

更に強くなったモロ相手に地球を守ることが出来るのだろうか…

それでは「ドラゴンボール超(スーパー)」第62話あらすじを始めていきます

【ドラゴンボール超(スーパー)】第62話をまとめると…

運営者
運営者
【ドラゴンボール超(スーパー)第62話をまとめていみると…
まとめ

来月のドラゴンボール超(スーパー)に期待です

次回も見に来てくださいね。