ドラゴンボール超(スーパー)

【ドラゴンボール超(スーパー)】第61話あらすじ解説ネタバレ|

ドラゴンボール超(スーパー)

この記事の内容

ドラゴンボール超(スーパー)最新あらすじ

ここではドラゴンボール超(スーパー)の最新のあらすじをまとめています

今までのあらすじ

昔むかしのこと、七つそろうと神龍が現れ、願いを叶えてくれるという、ドラゴンボールを探して旅に出た孫悟空は、大冒険の末に全てのボールを集めきった。その後、亀仙人の下で修行し、数々に強敵と戦いついに魔人ブウまでを倒し、地球に平和をもたらした

それから月日が流れ、超(スーパー)サイヤ人ゴットとなり地球を破壊しようとした破壊神ビルスからも地球を守った

さらにその後の未来でゴクウブラックとザマスの二人を倒し、「力の大会」12の世界の最強メンバーと戦い、力を競い合った…

そして銀河刑務所である凶悪犯モロが脱走した

ゴクウとベジータは銀河パトロール隊となり、モロを捕まえる任務を受けることになった

運営者
運営者
ネタバレも含むので、その事を理解して読み進めてくださいね

こちらも見てくれると嬉しいです

「ドラゴンボール超(スーパー)」第61話

孫 悟空 この物語の主人公
ベジータ 惑星ベジータの王子、孫悟空のライバル
クリリン 悟空の同期、地球人最強の男
ピッコロ ナメック星人、元地球の神
孫 悟飯 孫悟空の息子
ビルス 破壊神、かつて地球を破壊しようとした
17号&18号 ドクターゲロの手によって改造された人造人間、双子の兄弟
メルス 銀河パトロール隊の隊員、実は天使だった
モロ 銀河系宇宙最悪の凶悪犯
運営者
運営者
【ドラゴンボール超(スーパー)】前回の話では、約束の時が訪れ…モロたちが再び地球に降りてき戦闘が始まりました!!

「ドラゴンボール超(スーパー)」 前話のあらすじ

お互いが余力を残すことやめ、本気出しフルパワーで戦いことを望んだ

お互いの気をぶつけ合いじわじわと迫っていく…

(ドラゴンボール超(スーパー) 第60話 参照)

先手を打ったのは悟空、気を開放しモロを吹き飛ばす

吹き飛ばされたモロは、吹き飛ばされながらも巨大な気弾を撃とうとするが

前を見ると、目の前まで悟空が接近していた!

気弾を蹴り飛ばし、悟空の怒涛の攻撃が続く!

モロも反撃をするが、軽やかに躱しモロを追い詰める

だがフルパワーで戦っている悟空の体力の消費が大きすぎる

さらにフルパワーで戦っているのにも関わらず、モロが受けているダメージはないに等しい…

(ドラゴンボール超(スーパー) 第60話 参照)

悟空の攻撃が徐々に当たらなくなってきた…

反撃を見せるように次々とモロの攻撃が悟空に届く

限界が近づいていた悟空、限界を超える力を魅せるがそれでもモロには通用しなかった…

(ドラゴンボール超(スーパー) 第60話 参照)

”兆”状態ではなくなってしまった悟空、最後にエネルギー吸収をやられてしまう

だがその時、17号・18号が悟空を助けに来た

その一方でベジータはヤードラット星で技を完成させていた

長老のピバラに瞬間移動で連れて行ってくれと頼むが、断られる…

ヤードラット星人は瞬間移動で外の星へ移動することを禁止されているからだ

それなら今から瞬間移動を教えろと言いだすベジータ

瞬間移動取得をやりだすベジータ、だがそう簡単にはできなく苦戦する

すると悟空の気を感じれるようになったベジータ、今ならできそうな気がすると言いだす

ピバラもそう感じたのか「過酷な修行によく耐えた、自身を持って戦ってくるんだ」と元の戦闘服に着替えさせる、そして集中するベジータ

その一方で地球では17号・18号がモロに攻撃を繰り出している

だがモロは受けるだけで反撃をしない。

強くなりすぎたモロは遊んでいるようにも見える光景だ

(ドラゴンボール超(スーパー) 第60話 参照)

そんな時、瞬間移動で地球に到着したベジータ

着いた途端、17号・18号に代われそいつの相手は俺がやる

そういったベジータは颯爽とSSBに変身し攻撃を仕掛けたのだ

自身に溢れたベジータ、ヤードラット星で教わった技とは一体何なのか…

ベジータとモロの戦いが始まる

それでは「ドラゴンボール超(スーパー)」第61話あらすじを始めていきます

「ドラゴンボール超(スーパー)」第61話あらすじ

【ドラゴンボール超(スーパー)】第61話をまとめると…

運営者
運営者
【ドラゴンボール超(スーパー)第61話をまとめていみると…
まとめ

来月のドラゴンボール超(スーパー)に期待です

次回も見に来てくださいね。