ブラッククローバー

【ブラッククローバー】第247話ネタバレあらすじ|ヴァニカ率いる漆黒の使徒(ダークディサイブル)現る!?ハート王国の大ピンチ!

【ブラッククローバー】第247話ネタバレあらすじ|ヴァニカ率いる漆黒の使徒(ダークディサイブル)現る!?ハート王国の大ピンチ!
この記事の内容

ブラッククローバーの最新話の考察

ここでは、ブラッククローバーの最新のあらすじや、

個人的な考察をまとめています。

今までのあらすじ

魔法が全てのとある世界、最果ての村ハージの協会に同じ日に捨てられていたアスタとユノは、互いに魔道士の頂点・魔法帝になることを夢見て努力を重ねる日々を送っていた。

15歳になる年に持ち主の魔力を高める”魔導書(グリモワール)”を与えられた二人は、魔法帝直属の魔道士軍団である、魔法騎士団の入団試験を受ける。その結果、九つある軍団の中から魔力の強いユノはエリート集団「金色の夜明け」、魔力が一切ないアスタは、ならず者集団「黒の暴牛」に所属することに。

うちに二人は魔法亭への第一歩を踏み出したのであった。

運営者
運営者
ネタバレも含むので、その事を理解して読み進めてくださいね。

こちらも良かったら見てくれると嬉しいです。

「ブラッククローバー」第247話 戦場ハート王国

運営者
運営者
前回の話では、次々と漆黒の三極性(ダークトライアド)が登場していく
登場人物
アスタ主人公、魔力がない代わりに、鍛えた身体と諦めない強い心で魔法帝を目指す
ユノアスタの親友で、共に魔法帝を目指すライバル
ヤミ・スケヒロ黒の暴牛の団長で闇魔法の使い手
ラック黒の暴牛の団員でエルフに転生されていたがアスタによって覚醒した
バネッサ黒の暴牛の団員で魔女。チート魔法”運命の糸”を扱える
ドロシー珊瑚の孔雀の団長。エルフに転生している
ジャック・ザ・リッパー翼緑の蟷螂の団長で斬撃魔法の使い手
フィンラル黒の暴牛団員、空間魔法の使い手
ランギルスフィンラルの弟で、空間魔法の使い手
ゴーシュ・アドレイ黒の暴牛団員で鏡魔法の使い手。エルフに乗っ取られている。

「ブラッククローバー」前話のあらすじ

凝縮し、魔が濃くなったマナゾーンでのヤミの居合術は絶対に外れない

だが、不敵な笑みを浮かべ「私にこちらの魔法を使わせるとは…!!」と言いみるみると傷口が治っていく

ヤミの力に喜ぶダンテ、嫉妬・怒り・憎悪と誰も満たしてくれない

退屈な日々が続く中、それを満たしてくれたヤミのことを気に入った

そこでヤミがダンテに聞いた、”冥府と繋ぐ鍵”とは何だとそんなものは知らんと言ったのだ

(ブラッククローバー 第246話 参照)

ダンテがそれについて話し出す”クリフォトの樹”と呼ばれる魔法の経路

この世界と冥府を繋ぐ”クリフォトの樹”を生むのに必要なのが闇魔法と世界樹魔法の二つ

ヤミ・スケヒロとウィリアム・ヴァンジャンス

ヤミがこの世界と冥府が繋がるとどうなると聞くと、この世界に悪魔が流れ込んでくる

悪魔で溢れた世界、ありとあらゆる悪意で世界が満ち溢れるだろうと笑い叫んでいたのだ

それを聞いたヤミはやはりここで倒さないといけないみたいだなと言い、斬りかかるのだ

そして同時刻、スペード王国にてスパイが潜り込んでいるとの噂が立っている中…ダンテの部屋であるスパイらしき人物の影が…

そこに現れたのがスペード王国魔導士、魔導士がスパイらしき者に攻撃を仕掛けようとすると、その者の姿が消えていた…

すると影から現れ、魔導士を影へと引きずり込んだのだ…

(ブラッククローバー 第246話 参照)

そして再び部屋を探るスパイらしき人物…

だがその人物が身につけている物に黒の暴牛の証があったのだ。

それでは「ブラッククローバー」第247話あらすじを始めていきます

ハート王国に強襲!

ヤミ団長とダンテが戦闘している一方でハート王国ではヴァニカ率いる漆黒の使徒(ダークディサイブル)に襲われていた

そしてハート王国を守る4人の精霊守がいとも簡単に倒されてしまったのだ

悪魔の力を分け与えられた魔導士でこの強さ、ハート王国を支えていた魔導士が全員やられたのだ

精霊守を援護するためにラックたちは急いで向かうのであった

漆黒の使徒(ダークディサイブル)の一人”スヴェンキン”

(ブラッククローバー 第247話 参照)

漆黒の使徒(ダークディサイブル)の一人、スヴェンキンがハート王国の精霊守を倒した後、街の民を襲っている

その時、迅雷の如く現れたのがラック。襲われている人々を救う

そしてスヴェンキンに攻撃を仕掛けるラック!目にも止まらぬ速度で駆け抜け攻撃を与えるが、ダメージを受けないスヴェンキン…

そのまま吹き飛ばされるラック、スヴェンキンの魔法は皮膚魔法

その効果は自身の皮膚を硬くも柔くするのも自由自在、相手の魔法に対して皮膚を変質させ無効化にさせる

(ブラッククローバー 第247話 参照)

その魔法によって魔法属性に変質させられたスヴェンキンへの攻撃は全て無効化させられラックの攻撃は全く通用せず、さらに硬化した攻撃でラックのダメージは相当なものになってしまった

だがラックは人の幸せを踏みにじる勝手なスヴェンキン

そんなやつらから人々を守る想いを力に変える。

「ブラッククローバー」第247話をまとめると…

運営者
運営者
ブラッククローバーの第245話まとめると…

今回の話ではハート王国にヴァニカたちが強襲してきたのです

それにクローバー王国の魔導士達が参戦します

これからどんな展開になるのか楽しみです

見てくれてありがとうございました。

【ブラッククローバー】第248話ネタバレあらすじ|