鬼滅の刃

【鬼滅の刃】第202話あらすじ解説ネタバレ|鬼化が進む炭治郎。兄を想う禰豆子の想い…

【鬼滅の刃】第202話あらすじ解説ネタバレ|鬼化が進む炭治郎。兄を想う禰豆子の想い…

この記事の内容

鬼滅の刃の最新あらすじ

ここでは鬼滅の刃の最新のあらすじをまとめています

今までのあらすじ

時は大正時代。炭を売る心優しき少年・炭治郎の日常は、家族を鬼に皆殺しにされたことで一変する。唯一生き残った者の鬼に変化した妹・禰豆子を元に戻すため、また家族を殺した鬼を打つため”鬼狩り”の道を進む決意する。

人と鬼とが織りなす哀しき兄弟の物語が今、始まる!

運営者
運営者
ネタバレも含むので、その事を理解して読み進めてくださいね

よかったら見てくれると嬉しいです

>>>【鬼滅の刃】登場人物キャラクター最新版

>>>【鬼滅の刃 考察まとめ】現段階での鬼滅隊の全呼吸一覧を紹介

>>>【鬼滅の刃】十二鬼月の強さとその能力について勝手に考察してみた

>>>【鬼滅の刃】鬼殺隊”柱”最強強さランキング

【鬼滅の刃】第202話 帰ろう

竈門炭治郎この物語の主人公
竈門禰豆子炭治郎の妹 あることがきっかけに鬼に変化
我妻善逸炭治郎の同期 ヘタレ
嘴平伊之助炭治郎の同期 野生児 猪の被り物を取ると美形
富岡義勇鬼殺隊の柱 ”水柱”
胡蝶しのぶ鬼殺隊の柱 ”蟲柱”
甘露寺蜜璃鬼殺隊の柱 ”恋柱”
不死川実弥鬼殺隊の柱 ”風柱”
宇髄天元鬼殺隊の元柱 ”音柱”
時透無一郎鬼殺隊の柱 ”霞柱”
伊黒小芭内鬼殺隊の柱 ”蛇柱”
悲鳴島行冥鬼殺隊の柱 ”岩柱”
不死川玄弥炭治郎の同期 ”風柱”不死川実弥の弟
鬼舞辻無惨鬼のラスボス的存在

運営者
運営者
【鬼滅の刃】前回の話では、ついに炭治郎が復活した!そして無惨との戦いが始まります

【鬼滅の刃】前話 あらすじ

死の間際、無惨は自分の生きてきた経路を語っていた…

産屋敷が発言していた、生き物は例外なく死ぬということ

無惨の想いは永遠であり不滅、だが死を目前とし産屋敷が言っていたことは正しかったと認識する

想いは受け継がれることなく滅ぶ…その事実を目の当たりにし感動すら感じていた

陽の光によって体は消滅してしまう、だが…

(鬼滅の刃 第201話 参照)

永遠に不滅の想いを炭治郎の体に託すのだった

無惨の体の中で呼吸も心臓も停止してしまった炭治郎の体

だが細胞の全ては死んでいなく、生きている

無惨は自らの力の全てを炭治郎の体に注ぎ込むことにしたのだ

そして禰豆子と血を分けた兄である炭治郎は陽の光を克服し、最強の鬼の王となるだろう

(鬼滅の刃 第201話 参照)

陽の光を当たりみるみると消えていく無惨の体…

だがその無惨の想いを炭治郎に託すのだった

そして死んだはずの炭治郎は目を覚まし、仲間の隊士に襲い掛かるのだ

炭治郎の様子がおかしいことに気付いた義勇は炭治郎からその隊士を助けたのだ

そんな時、陽が昇り光が炭治郎を射すと体が灼けていくのだ

義勇が動ける者は武器を取り、鬼にされた炭治郎を陽の光の下に焼くと指示をする

日影に逃げようとする炭治郎を義勇が止める。すると炭治郎の陽光灼けが止まったのだ

そして義勇を殴り飛ばすのだ。さらに攻撃をしようとした時、伊之助が助けに入った!

義勇の声を聞いて駆け付けた伊之助

だが鬼化が進んで行く炭治郎、炭治郎は伊之助に襲い掛かる

”俺たちは仲間だからさ、兄弟みたいなものだからさ

誰かが道を踏み外しそうになったら皆で止めような、どんなに苦しくてもつらくても

正しい道を歩こう”炭治郎が伊之助と善逸に賭けた言葉だ

伊之助は炭治郎の想いを胸に刻み止めようとするが…

仲間の炭治郎を斬ることが出来なかったのだ…

それでは「鬼滅の刃」第202話あらすじを始めていきます

禰豆子、登場!

鬼化した炭治郎、その変わり果てた姿だが刃を向けることが出来ない伊之助…

その隙を炭治郎が伊之助に襲い掛かる!だがその時……

(鬼滅の刃 第202話 参照)

二人の間を割って入るかのように禰豆子が炭治郎を止める。

人間の姿に戻った禰豆子は今まで炭治郎一人に背負わせていたことを謝る

そして負けないで鬼になるな…一緒に家に帰ろうなどと呼びかける。

だがその言葉を聞きたくないかのように叫び…禰豆子を引き離そうと爪を立て噛み付くのだ…

それを見た伊之助・善逸が禰豆子を守る為に炭治郎を止める

だが炭治郎もそれを拒絶するかのように衝撃波で伊之助・善逸…

そして近寄る義勇までも吹き飛ばす。

力を発揮する炭治郎はみるみると鬼化が進んで行く…

鬼化が進む炭治郎の姿に義勇が焦りを見せる…だが今の炭治郎には赫刀も陽の光も効かない…倒す方法がない

だがその中でも炭治郎のエネルギー溜めた攻撃を放とうとする…

炭治郎にしがみつく禰豆子が誰も殺させないためにその攻撃に手を差し伸べ攻撃を逸らすことが出来た

だが人間に戻った禰豆子の腕はひどく傷ついてしまった…

カナヲ、最後の”花の呼吸 終ノ型 彼岸朱眼”

その中で二人の近くに近寄ってくる人影が現れる。

その人影は栗花落カナヲだった、カナヲはしのぶから人間に戻す薬を預かっていたのだ

もし禰豆子に使う薬が足りない時のために渡されていたのだ。

そして”花の呼吸 終ノ型 彼岸朱眼”片目を失明している中、最後の力を振り絞るように炭治郎の攻撃を潜り抜け…

(鬼滅の刃 第202話 参照)

炭治郎の背中へと薬を注入することができたが、それと同時に炭治郎の触手がカナヲの体を貫いた…

そして「炭治郎のだめだよ、早く戻ってきて…禰豆子ちゃんを泣かせたらだめだよ…」と言い遺し、その場に倒れてしまう

その言葉に反応するかのように炭治郎の動きも止まってしまう…

【鬼滅の刃】第202話をまとめてみると…

運営者
運営者
【鬼滅の刃】第202話をまとめてみると…

今回の話、鬼化した炭治郎を止めるために出てきたのだ人間に戻すことが出来た禰豆子

禰豆子が炭治郎の事を必死で止めます

その時、カナヲが現れ最後の力を振り絞り炭治郎に人間に戻す薬を注入することに成功します

これからの鬼滅の刃が楽しみです

また見に来てください

【鬼滅の刃】第203話あらすじ解説ネタバレ|