呪術廻戦

【呪術廻戦】第101話ネタバレあらすじ|動き出す夏油…弟達の仇、虎杖VS脹相

【呪術廻戦】第101話ネタバレあらすじ|動き出す夏油…弟達の仇、虎杖VS脹相
この記事の内容

呪術廻戦の最新あらすじ

ここでは、呪術廻戦の最新のあらすじをまとめています。

今までのあらすじ

「呪い」。

辛酸・後悔・恥辱…。人間のフの感情から生まれる禍々しきその力は、人々を死へと導く。

任務先で特級呪霊の宿儺と入れ替わり、呪霊に挑む虎杖。だが勝利の後、宿儺から身体を取り戻せず、虎杖は宿儺に心臓を抜き取られてしまう。宿儺の一方的な契約で生き返った虎杖は契約の内容を忘れたまま五条のもとで修行に励む。

運営者
運営者
ネタバレも含むので、その事を理解して読み進めてくださいね。

「呪術廻戦」第101話 渋谷事変⑲

運営者
運営者
前回の呪術廻戦では、五条悟が呪霊たちの切り札、獄門彊により封印されたのだ…
登場人物
虎杖悠仁主人公。驚異的な身体能力を持つ
両面宿儺特級呪物。虎杖と肉体を共有している
伏黒恵呪術高専1年。虎杖の同級生
釘崎野薔薇呪術高専1年。虎杖の同級生
五条悟専門機関「呪術高専」の特級呪術師
狗巻 棘(いぬまき とげ)都立呪術高専2年生。呪言師。普段の会話で使う語彙はおにぎりの具のみ。

「呪術廻戦」前話のあらすじ

静かな怒気を纏い現れた七海、釘崎が苦戦している呪詛師に徐々に近づいてくる

近づく七海を嘲笑うかのように「いやいや状況見てよ、何勝手に動いてんの?」と人質を盾にしようとするが、既に新田はその場から逃げていた

傍まで近づいた七海は呪詛師に仲間の数と配置はと質問をするがとぼける呪詛師

そして七海の事を蹴り飛ばそうと力いっぱいに蹴る!

だが巨大な岩を蹴ったような手ごたえで七海の体はそこから動かない

再び、七海が数と配置は?と質問しさらにとぼける呪詛師を…

(呪術廻戦 第100話 参照)

意識を失いかける程の強烈な攻撃!

その攻撃を受けた呪詛師は何が起こったのかわからず、パニックになってしまいその場から逃走しようとする

だが逃げようとした時、再び七海に掴まり質問を繰り返すが呪詛師は答えず再び強烈な攻撃に吐血をする

隙を見て、呪具で攻撃しようとするがそれを釘崎が阻止する

そして七海が呪詛師にトドメをさす

釘崎が苦戦していた呪詛師に七海が一方的に倒したのだ

その一方で駅へと急ぐ虎杖。

向かう途中で非術師が襲われている所に遭遇する、助けなければならないが助けている余裕もなく、悩んでいると…

(呪術廻戦 第100話 参照)

狗巻が登場したのだ!そしてその場を狗巻に頼み先に進むことにした

22時10分渋谷駅の中に入った虎杖を待っている者がいた。

それでは「呪術廻戦」第101話あらすじを始めていきます

冥々の前に現れる夏油

釘崎たちの危機を七海が救い釘崎たちは五条の居る地下5階へと目指そうとするが七海がそれを止める

これから出会う呪詛師・呪霊は強敵故、負傷している釘崎は足手まといと感じここで待機するように命令する七海

その一方で呪詛師を倒した冥々たちの前にある男が現れた

その男は夏油傑、夏油と戦闘が始まると思いきや”特級特定疾病呪霊 「疱瘡神」”

その呪霊を残し、コイツを祓いことが出来たら相手をすると言いその場から去る

(呪術廻戦 第101話 参照)

戦闘が始まると同時に呪霊が領域展開を開くのだ、そして棺桶らしきものを出し冥々を閉じ込めるのだ

”墓”と唱えると棺桶を潰すように岩を落とす

3,2とカウントダウンを始めると、突然岩が爆発!潰されたはずの冥々が岩を破壊したのだ

赤血操術奥義”百斂 穿血”

その一方で駅の中を走り抜ける虎杖…その虎杖の前にある男が現れる。

(呪術廻戦 第101話 参照)

九相図兄弟の長男、脹相である。

弟の仇でもある虎杖の姿を見た瞬間、攻撃を仕掛ける脹相

脹相の扱う”赤血操術 「百斂」”は血液を加圧し限界まで圧縮する技「百斂」で圧縮した血液を一点から解放し撃ちだす

呪力で強化された血液の初速は音速にも及ぶという赤血操術奥義その名を「穿血」

穿血を虎杖に向けて撃ちだす!虎杖はその攻撃を両腕でガードするが強力な攻撃に腕を貫かれそうになると思い、攻撃を受け流し敵の間合いに入り込み一撃を喰らわせるが脹相に防御されてしまう

距離を取り、警戒する二人…

その緊迫の空気の中脹相が虎杖に話しかけるのだ…

「呪術廻戦」第101話をまとめると…

運営者
運営者
呪術廻戦の第101話をまとめていくと…

今回の話はついに夏油が動きだします

夏油が向かって先は冥々の下でした、そして冥々の前に協力な呪霊を出し再び地下5階へと戻ります

そして虎杖の前に九相図長男、脹相が現れる

虎杖と脹相の戦闘が始まりました

この後の展開がまた気になります

次回の「呪術廻戦」に期待です

そんな感じで以上です。

また見に来てくださいね

【呪術廻戦】第102話ネタバレあらすじ|