ヒーローアカデミア

【僕のヒーローアカデミア】第264話あらすじ解説ネタバレ|戦えヒーローたち!!ヴィランの屋敷に攻め込む!

【僕のヒーローアカデミア】第264話あらすじ解説ネタバレ|戦えヒーローたち!!ヴィランの屋敷に攻め込む!

この記事の内容

僕のヒーローアカデミアの最新あらすじ

ここでは僕のヒーローアカデミアの最新のあらすじをまとめています

今までのあらすじ

ある日より人々の体に発現し始めた特異体質。それはいつしか”個性”と呼ばれるようになり、多くの者が何らかの得意体質を持つ超人社会となっていた。

この「超常」は犯罪件数を増やし、国が対応しきれないほどになってしまう

そんな人々の中から次第に、悪意に対抗する正義のヒーローが現れる

そんなヒーローに憧れる”無個性”の少年が、あるトップヒーローとの出会いをきっかけに、最高のヒーローへと駆け上るまでの物語が今、始まる!

運営者
運営者
ネタバレも含むので、その事を理解して読み進めてくださいね

よかったら見てくれると嬉しいです。

>>>【僕のヒーローアカデミア】登場人物キャラクター最新版

>>>【僕のヒーローアカデミア】最強強さランキングTOP10を勝手に考察してみました

>>>【僕のヒーローアカデミア】雄英高校1年A組強さランキングTOP10

【僕のヒーローアカデミア】第264話 Ones Justice(ワンズ ジャスティス)

緑谷出久雄英高校1年A組この物語の主人公
オールマイト平和の象徴
麗日お茶子雄英高校1年A組の生徒
芦戸三奈雄英高校1年A組の生徒
峰田 実雄英高校1年A組の生徒
物間寧人雄英高校1年B組の生徒
柳レイ子雄英高校1年B組の生徒
小大唯雄英高校1年B組の生徒
庄田二連撃雄英高校1年B組の生徒
心操人使雄英高校1年C組の生徒

運営者
運営者
【僕のヒーローアカデミア】前回の話では、

【僕のヒーローアカデミア】前話 あらすじ

その一方で山荘の方ではヒーターたちが集まり、待機をしている

そこで前衛と後衛で分かれている、そんな中雄英高校1年の皆のほとんどは後衛のほうで待機をしていた

そして動き出す、前衛が走り出していた。その前衛の中A組の上鳴と常闇が選ばれていた

セメントマンが個性”セメント”で山荘の壁をこじ開ける!!

(僕のヒーローアカデミア 第263話 参照)

不意をつかれた解放戦線は慌てだすが、気持ちを切り替え、死柄木を待つ前に動き出すことにする。

続々と現れる解放戦線の戦士たち

(僕のヒーローアカデミア 第263話 参照)

その戦士たちの前を歩くヴィラン、そのヴィランが扱う個性”増電”

増やして放つ、自分の体にスタンガンを当て体内に電気を溜める

そして溜まった電気をヒーローたちに放つ!!”制圧放電 雷網”

(僕のヒーローアカデミア 第263話 参照)

だがその巨大な電気は一人の少年の個性によって吸収されてしまうのだ

上鳴は自らが避雷針となり電気を吸収したのだ

その一方でスパイとして潜り込んでいた、ホークスはというと…

トゥワイスを追い詰めていた…

それでは「僕のヒーローアカデミア」第264話あらすじを始めていきます

ヒーローたちの先制攻撃

上鳴がヴィランの電気を帯電し、敵の攻撃を阻止した

そしてヒーローたちが攻め込む!

エッジショットが”忍法 千枚通し”、敵の動きを止め、ミッドナイトが眠り香で眠らしていく

そして次々と敵を捕獲していくヒーロー

雄英高校の1年B組マッドマンとシーメイジも自分たちの個性を扱い、見事に活躍している

ホークスとトゥワイス

スパイとして潜入していたホークスは幹部のトゥワイスを追い詰めていた

ホークスは解放戦線の数を一番に脅威と感じていて二倍の個性を持つ、トゥワイスに少しの猶予も与えたくなかった

だから常にトゥワイスと共に行動をしていた

追い詰められるトゥワイスは焦り出していた…そして過去を振り返り、自分のせいで仲間を傷つけたことを思い出していた。

いつも自分が不用意に近づくからこうなることを…

だがホークスはトゥワイスとは戦いたくはなかった…それは良い奴だからだ、共に行動することにどういう人間かわかったからだ

(僕のヒーローアカデミア 第264話 参照)

だがトゥワイスの怒りは爆発する!!

仲間のために動かなくてはならないから。

(僕のヒーローアカデミア 第264話 参照)

そして山荘の中を走る荼毘の姿が現れた。

【僕のヒーローアカデミア】第264話をまとめてみると……

運営者
運営者
【僕のヒーローアカデミア】第264話をまとめてみると…

今回の話、山荘でも戦闘が開始した!!

更なる展開が気になります!

次回も楽しみです

また見に来てくださいね。

【僕のヒーローアカデミア】第265話あらすじ解説ネタバレ|