ハイキュー

【ハイキュー】第385話あらすじ解説ネタバレ|存在感を増す日向!!勢いに乗るBJ

【ハイキュー】第385話あらすじ解説ネタバレ|存在感を増す日向!!勢いに乗るBJ

この記事の内容

ハイキューの最新あらすじ

ここでは、ハイキューの最新のあらすじをまとめています。

今までのあらすじ

小学生の時に見た”小さな巨人”に憧れ、烏野高校バレー部に入部した日向翔陽。だがそこには、中学最初で最後の公式戦で惨敗した相手・影山飛雄の姿が……

反目しあうも、日向の抜群の運動神経と影山の正確なトスは奇跡のような”変人速攻”を生み出し、烏野復活の力となる!

たった1つのボールをチームで繋ぐバレーボール

繋いだ先の”頂きの景色”を目指して少年たちはコートを駆け巡る

運営者
運営者
ネタバレも含むので、その事を理解して読み進めてくださいね。

こちらも良かったら見てくれると嬉しいです。

【ハイキュー】第385話 「テンションが上がると同時に悔しさも感じます」

日向 翔陽主人公で烏野高校のミドルブロッカー
影山 飛雄烏野高校のセッター
沢村 大地烏野高校のキャプテンでウィングスパイカー
菅原 孝支烏野高校のセッター
東峯 旭烏野高校のウィングスパイカー
田中 龍之介烏野高校のウィングスパイカー
縁下 力烏野高校のミドルブロッカー
西谷 夕烏野高校のリベロ
月島 蛍烏野高校のミドルブロッカー
烏養 繋心烏野高校のコーチ
星海 来海鴎台高校のエース。小さな巨人と言われている。

運営者
運営者
【ハイキュー】前回の話では、ついに始まったアトラーズとブラックジャッカルの試合!!

「ハイキュー」前話 あらすじ

星海の3回目のサーブ、リベロの犬崎

侑が上げたのは木兎!そのスパイクは平和島が反応する

繋ぐアトラーズ、ラストはロメロ!強烈なスパイクを打とうとするが

(ハイキュー 第384話 参照)

前に落とすフェイント!だがそれに反応する日向!

侑とトマスの速攻!BJ4-AD7

そしてBJ佐久早のサーブ、強烈なサーブは星海の腕を弾く…

ファーストサービスエースを取ったのは佐久早!最初のサービスエースを取りたかった侑は悔しそうな顔をする

2回目のサーブ、ロメロがレシーブし牛島が星海に上げる

星海はスパイクを打つ前に、瞬時に相手の警戒していることを予測し合いている所へとスパイクを打つ

(ハイキュー 第384話 参照)

コート奥に打ち分けると予測外に日向がその攻撃を綺麗にレシーブし見せたのだ

そして侑が上げ、木兎が決める!これでBJ7-AD7と同点になった

3回目の佐久早のサーブこれはネットにかかり、ADの8点目となります

ここでADの最初のタイムアウトを取ります

その時、ロメロが日向が”ニンジャ・ショーヨー”じゃないかと影山たちに追及するが「日本の忍者がビーチでショーヨー」と聞き取ってしまった

日向は”コースに入る””ブロックアウトを警戒する””前を警戒する”いくつかの守りの選択の中から「俺はこう守るよ」と見せてその逆をつかせる、日向は自分を自分で囮にしたのだ

それでは「ハイキュー」第385話あらすじを始めていきます

日向の進化

そして両チーム交互に点を取り合っていく

BJ16-AD16と同点、ロメロの強烈なサーブ佐久早がレシーブする

上がると同時にブロード攻撃に走る日向…

(ハイキュー 第385話 参照)

日向を走らせてからの、Cに切り込む木兎にAかと思わせてからのB気味の速攻

これにはADのブロックも反応を遅れてしまいます

(ハイキュー 第385話 参照)

身体は小さいが存在感がある日向翔陽と実況が説明していると観客席で観戦している烏野ОBの澤村・東峰・菅原の3人はドヤ顔をしていた

さらに試合は進み、BJ19-AD18となり日向のサーブ

日向のサーブは見事レシーブされ、影山が牛島にトスを上げる

牛島の強烈はスパイクはブロックを弾く、そのボールを侑がフォローする

(ハイキュー 第385話 参照)

そして上がったボールと日向がセットアップ、トマスに打たすのかと思わせといて背後から走ってきていた侑にトスを渡す

そのボールは見事相手コートに落ちる!

そしてそのままBJは勢いに乗り、現在BJ21-AD17と連続得点!

【ハイキュー】第385話をまとめてみると

運営者
運営者
【ハイキュー】第385話をまとめていみると…

今回の話は、始じまったアトラーズとブラックジャッカルの試合

コートの中では日向の存在が目に入ります

注目される日向、その分囮としての存在感も増してきます

勢いに乗るBJ!このまま1セット先取となるか!?

次回の「ハイキュー」にも期待です

次回も見に来てくださいね。

【ハイキュー】第386話あらすじ解説ネタバレ|