サムライ8八丸伝

【サムライ8八丸伝】第38話ネタバレあらすじ|恋のライバル!?八丸VS五空!!

【サムライ8八丸伝】第38話ネタバレあらすじ|恋のライバル!?八丸VS五空!!

この記事の内容

サムライ8八丸伝の最新あらすじ

ここでは、サムライ8八丸伝の最新のあらすじをまとめています。

今までのあらすじ

走れない!固いものも食べれない!超がつくほど貧弱体質の少年、八丸。彼の将来の夢は侍になることだった。

父親に助けてもらわなければ、生きていけない八丸にとって、それは到底叶わない夢に思えた

しかし彼の前に猫の侍が現れたことで事態は急変!?

超大ヒット作家、期待の実力派が解き放つSF侍漫画、いざ開幕!!

運営者
運営者
ネタバレも含むので、その事を理解して読み進めてくださいね。

「サムライ8八丸伝」第38話 アンと八丸とい五空

運営者
運営者
「サムライ8八丸伝」前回の話では、達摩VS弁形ついに決着!達摩の圧倒的力で勝ちました!!

登場人物

八丸侍になることを夢見ている少年 この物語の主人公
早太郎八丸の愛犬 犬なのに「ニャン」と鳴く……
フルタ八丸の父、優しくいつも八丸のことを支えている
猫侍 達摩金剛夜叉流免許皆伝 八丸の師匠になる
アン八丸の姫となる

「サムライ8八丸伝」前話のあらすじ

強制的に呼び出された八丸達!身構える八丸達だが、花一は争う気はないと言いだす

だが千は任務によりアナタを捕まえると言いだし、襲い掛かる!

(サムライ8八丸伝 第37話 参照)

だがスリープ状態だった達摩が目を覚まし、千と五空を止めるのだった。

やっと起きたかという花一、その声を聞き、花一だと確認した達摩

二人は昔からの知り合いみたいだ、烏枢沙摩流も箱の鍵を探していてその目的が一緒だったからだ

そして花一も達摩同様、二人の鍵を見つけていたが、小さき女の子はまだ侍にはなっていない

話は鍵集めの話となる、かつて鍵集めの任務を任されていた花一だが、事情がありカーラに裏切られた、そして烏枢沙摩流から離れ、一人で鍵を集めている花一

そこで花一が達摩に提案を出す、それは昔のことを忘れて2人で鍵を集めないかということだ

敵だった奴のことをどう信用しろと言うのだと疑う達摩に自らの侍魂を預けると言いだしたのだ

それを見た五空は焦り、侍魂を渡すということは死なぬ侍が死んだことと同じ、それにそれを渡すと同時に自身の刀を渡すと同じ意味と戸惑いだすが

(サムライ8八丸伝 第37話 参照)

「武士道とは死ぬ事と見つけたり、お前の協力なくして鍵は集まらん

カーラにこの銀河は渡さぬ…私の「義」」達摩は心眼で見定め、その言葉に偽りがないことがわかり、状況提供をすることにする

かつては手を組むことはないと思っていたが今は名誉なことだと二人は意気投合するのだった…

それでは「サムライ8八丸伝」第38話あらすじを始めていきます

八丸と五空

八丸のデータを元に箱の鍵の仲間への地図をホルダー内のモニターへと移すことにする

そしてその目的地は一番近い鍵へと向かい出発します

八丸たちはホルダー内を自分たちのしたいように過ごしている

八丸は訓練をした後に、アンの食事を楽しむにしていると

食事を作っていたのは五空だった、アンと楽しそうに料理をしていることに不満そうにする八丸、そして食事に後に八丸は五空を訓練に誘うのだ

八丸と五空初めての訓練、運命の姫は運命の侍につくものだ

アンの運命の侍は俺だと言わんばかりに五空にかみ付く…

(サムライ8八丸伝 第38話 参照)

試合が始まると…一刀両断される八丸、五空の速さが見えていなかった八丸!

心配し駆け寄るアン…だが八丸はほっとけと冷たく突き放す。

アンはその言葉に傷つき、その場を去る…

そのアンにショックを受けている姿に八丸も反省をし、アンに謝り優しい言葉をかけるがアンは離れていく一方…

そんな二人を見ていた五空が八丸に近づき、「侍が頭を下げれば強引に何をしたっていい訳じゃない、「侍」としての心構えを置き違えている、侍の前にちゃんと武士であるべきだ

そして武士の前に…ちゃんとした人であるべきだ」八丸が言っていた「運命」は果たして赤い糸なのか、それとも縛り付けた鎖なのか

それは八丸の行動次第、恋は人がするものだからと助言をする

八丸とアン

だが八丸とアンはギクシャクした関係が続いた…

八丸はキリク姫に相談をし、アンは千に相談をしていた

そして千もキリク姫もそんなに気になるのなら直接会って確かめるといい言葉を伝えると、八丸とアンは久々に話をする事にする

(サムライ8八丸伝 第38話 参照)

八丸は避けられている理由を聞くと、すぐに謝るアン…だが八丸は謝ってほしいわけではなくその理由が聞きたいだけそれは五空が関係しているのかと問い詰めると、それは関係ないと言うアン…

すると「私が好きなのは…八丸くんだから」アンは八丸に恋心を抱いているが八丸にとっては都合のいい姫なのではないのかと不安になっていたのだ

しかし八丸はそんなつもりはない、アンを守るって誓ったんだと気持ちを伝えるが

それは強くなるために姫が必要だからと反発するアン…

心と心がぶつかり合う二人、二人は気持ちが通じ合うのだろうか…

「サムライ8八丸伝」第38話をまとめると…

運営者
運営者
サムライ8八丸伝第38話をまとめていくと…

今回の話、花一の下へと呼び出された八丸達!斬りかかる千を止めたのは寝ていたはずの達摩!目覚めた達摩と花一はかつてのライバルだったのです

だが今は状況が違い、花一は烏枢沙摩流より先に鍵を集めなくてはならないのです

そこで提案をする手を組むという提案!そして条件として自らの侍魂を差し出したのだ

その言葉や行動に偽りのないことを感じた達摩は信用し、手を組むことにするのであった

次回のサムライ8八丸伝に期待です

そんな感じで以上です。

最後まで見てくれてありがとうございました。

【サムライ8八丸伝】第39話ネタバレあらすじ|