サムライ8八丸伝

【サムライ8八丸伝】第36話ネタバレあらすじ|集結する箱の鍵の侍たち!!鍵の侍は意外な人物!?

【サムライ8八丸伝】第36話ネタバレあらすじ|集結する箱の鍵の侍たち!!鍵の侍は意外な人物!?

この記事の内容

サムライ8八丸伝の最新あらすじ

ここでは、サムライ8八丸伝の最新のあらすじをまとめています。

今までのあらすじ

走れない!固いものも食べれない!超がつくほど貧弱体質の少年、八丸。彼の将来の夢は侍になることだった。

父親に助けてもらわなければ、生きていけない八丸にとって、それは到底叶わない夢に思えた

しかし彼の前に猫の侍が現れたことで事態は急変!?

超大ヒット作家、期待の実力派が解き放つSF侍漫画、いざ開幕!!

運営者
運営者
ネタバレも含むので、その事を理解して読み進めてくださいね。

「サムライ8八丸伝」第36話 花一と五空

運営者
運営者
「サムライ8八丸伝」前回の話では、達摩VS弁形ついに決着!達摩の圧倒的力で勝ちました!!

登場人物

八丸侍になることを夢見ている少年 この物語の主人公
早太郎八丸の愛犬 犬なのに「ニャン」と鳴く……
フルタ八丸の父、優しくいつも八丸のことを支えている
猫侍 達摩金剛夜叉流免許皆伝 八丸の師匠になる
アン八丸の姫となる

「サムライ8八丸伝」前話のあらすじ

(サムライ8八丸伝 第35話 参照)

突如、姿を見せた不動明王!!達摩はバクが起きたのか感じるが、それはバクではなく

この世界の神羅万象は私の一部なのだ、この免許皆伝の時にこの姿を見せるようにプログラムを起きるように設定されていたのだ

だが免許皆伝の時、誰でも起きるわけではなくパンドラの箱とマンドラの箱

それを開く鍵となる適任者が免許皆伝をダウンロードされたときに不動明王が姿を見せるようになっていたのだ

その事を聞いて達摩は八丸は”箱を開ける鍵”で間違いはないのですねと尋ねると

そうとも言えるし、そうでもないとも言える…その言葉を聞いた達摩はどういうことがわからなかったが、不動明王が答えたことはこの世に絶対はないということだ

そうだとしても八丸にその可能性があるなら今の状況に助言をくれるということなのかと聞くと、全ては助言できないが答えられることなら答えると言いだしたのだ

そして八丸が効いたのはアタの師匠、カーラについて聞くのだ

プログラムでカーラの姿を見せる不動明王…

カーラの目的は不動明王が作った世界を一度0にして改めて自分の理想の世界を作ること

師の作った物や生命、星たちの世界を全て消して、本来の姿に戻すのがカーラの目的

八丸が自分も不動明王に作られたのと驚いていたが、不動明王は直接的ではないがそうなると答える

一体何者と疑問に感じた八丸、すると不動明王は私は別宇宙から来た情報集積体

八丸はだんだんと話が分からなくなり…崩れた顔で話を聞いてしまうと達摩に怒られてしまう

そして話は”パンドラの箱”と”マンドラの箱”についてだ

不動明王の力の全てをその二つの箱に封印した物

達摩はその箱は何処にあるのかと聞くが、「箱は見ようとするまでは存在しない、その箱を見ようとした時、箱はおのずとそこにある」達摩もだんだんと話がわからなくなり、崩れた顔になると八丸に突っ込まれる…

「大切なものは目に見えぬ、まやかしが本質を曇らせる…達摩よお前は人であり、猫でもある状態だ

お前を人と見るか猫と見るか、お前の両面を知っていればどう見ようとするかはその人によるのだ

どう見えるかだ、まだまだ心眼が足らぬ」

死んだ猫か生きている侍かを決めるのはお前たちだと不動明王が助言する

最後に箱の中身を訪ねる八丸…それは開けた者だけが知ることを許されると中身を教えてくれなかった

そして八丸の金剛夜叉流免許皆伝のダウンロードが終わる。

(サムライ8八丸伝 第35話参照)

それでは「サムライ8八丸伝」第36話あらすじを始めていきます

金剛夜叉流技一覧

免許皆伝のダウンロードが終わると、目の前にいた不動明王の姿が消えた…

本来ダウンロードに3週間はかかるはずだが、不動明王の計らいで早く終わることが出来た

そしてその空間が宇宙へと風景が変わった、それは”内なる宇宙”八丸の意識をデジタル化し、さらに視覚化したのだ

(サムライ8八丸伝 第36話 参照)

その中で一つだけ周りと違い、大きい星がある…それは八丸のデータが蓄積されている星なのだ

そしてこの空間内にある星たちは八丸の星を中心として引き寄せられる…

父、アラタの星も存在している。亡くなってもこの空間内では星となって残り続けるのだ

ここでは自分自身のあらゆるものを可視化でき、デジタル表示できる、ゲームのステータスのようなもの

達摩がもう一度自分の星に触れてみろと言いだすと…

(サムライ8八丸伝 第36話 参照)

そこに出てきたのは金剛夜叉流の技一覧、これが全部使えるのかとテンションが上がる八丸!だがそんな訳あるか!!とツッコミを入れる

技を伝授しただけで会得したわけではないと説明をする

技を会得するには必要なステータス値がある、まずは一度教えた大気剣に手をかざすように言われる

すると、大気剣を会得に必要なステータス値が現れた、カリスマ以外900以上が必要

今の八丸のステータスと比べてみるとほど遠い…八丸が扱える技は”剣腕”ぐらいみたいだ

箱の鍵の仲間、竜もその一人

だが技より先に箱の仲間を見つけるのが優先だと達摩が言うと、”内なる宇宙”に戻し地図を出すことにする

そして八丸を中心とし、光の線が仲間と繋ぐ線…その先に仲間がいる

だが八丸の星の真横に一つの星がある…それは…

(サムライ8八丸伝 第36話 参照)

八丸は起き、現実世界に戻ると隣にあった星…

それは竜だったのだ!そして八丸に近づくもう一つの星

それは千が探していた侍、花一 

(サムライ8八丸伝 第36話 参照)

すると花一が”烏枢沙摩流 猫招き”を使い、八丸達を自分たちの船に引き入れたのだ

「サムライ8八丸伝」第36話をまとめると…

運営者
運営者
サムライ8八丸伝第36話をまとめていくと…

今回の話は金剛夜叉流免許皆伝のダウンロードが終わった八丸

ダウンロードが終わるとできることが増えてきた、そして箱の鍵の仲間を探そうとした時

すでに箱の鍵を持つ人物を仲間にしていたのです、それは竜だったのです

そして近づくもう一つの鍵、それは千が探していた鍵、侍花一だったのです

次回のサムライ8八丸伝に期待です

そんな感じで以上です。

最後まで見てくれてありがとうございました。

【サムライ8八丸伝】第37話ネタバレあらすじ|