鬼滅の刃

【鬼滅の刃】第191話あらすじ解説ネタバレ|ついに復活!!目覚めた炭治郎、新技炸裂!!

【鬼滅の刃】第191話あらすじ解説ネタバレ|ついに復活!!目覚めた炭治郎、新技炸裂!!

この記事の内容

鬼滅の刃の最新あらすじ

ここでは鬼滅の刃の最新のあらすじをまとめています

今までのあらすじ

時は大正時代。炭を売る心優しき少年・炭治郎の日常は、家族を鬼に皆殺しにされたことで一変する。唯一生き残った者の鬼に変化した妹・禰豆子を元に戻すため、また家族を殺した鬼を打つため”鬼狩り”の道を進む決意する。

人と鬼とが織りなす哀しき兄弟の物語が今、始まる!

運営者
運営者
ネタバレも含むので、その事を理解して読み進めてくださいね

よかったら見てくれると嬉しいです

>>>【鬼滅の刃】登場人物キャラクター最新版

>>>【鬼滅の刃 考察まとめ】現段階での鬼滅隊の全呼吸一覧を紹介

>>>【鬼滅の刃】十二鬼月の強さとその能力について勝手に考察してみた

>>>【鬼滅の刃】鬼殺隊”柱”最強強さランキング

【鬼滅の刃】第191話 どちらか鬼か

竈門炭治郎この物語の主人公
竈門禰豆子炭治郎の妹 あることがきっかけに鬼に変化
我妻善逸炭治郎の同期 ヘタレ
嘴平伊之助炭治郎の同期 野生児 猪の被り物を取ると美形
富岡義勇鬼殺隊の柱 ”水柱”
胡蝶しのぶ鬼殺隊の柱 ”蟲柱”
甘露寺蜜璃鬼殺隊の柱 ”恋柱”
不死川実弥鬼殺隊の柱 ”風柱”
宇髄天元鬼殺隊の元柱 ”音柱”
時透無一郎鬼殺隊の柱 ”霞柱”
伊黒小芭内鬼殺隊の柱 ”蛇柱”
悲鳴島行冥鬼殺隊の柱 ”岩柱”
不死川玄弥炭治郎の同期 ”風柱”不死川実弥の弟
鬼舞辻無惨鬼のラスボス的存在

運営者
運営者
【鬼滅の刃】前回の話では、助っ人として登場した善逸たち!!さらに柱たちが刀を赫く変えていく

【鬼滅の刃】前話 あらすじ

伊黒の赫くなる刀…無惨に有効な攻撃を与えるために赫くしようと力を注いだが…

全ての力を握力に使ってしまった伊黒は戦闘の中、酸欠になり失神しかけていた

一人かけてしまうと無惨の攻撃を分散することが出来ない、甘露寺の分まで戦わなければならないと気持ちばかりが生き急いでしまう…

伊黒を助けようと、実弥と義勇が動くと…伊黒は空高く跳びあがった

さらに無惨にも不気味な斬撃が襲い、その攻撃の切断面は切れ味の悪い刃物で斬られたような切り口…

その攻撃は行冥の鉄球でもなく実弥や義勇たちの斬り傷ではない

愉史郎の術によって姿を隠し攻撃していたのだ

(鬼滅の刃 第190話 参照)

だがそれも無惨に暴かれ、姿を現したのだ

三人の姿…善逸、伊之助、カナヲの三人だったのだ

愉史郎の術式が書かれた紙を何枚も拾い、この戦闘に参戦していたのだ

(鬼滅の刃 第190話 参照)

その隙を伊黒が斬りこむ!赫刀となった伊黒の刀で斬ると鬼の再生速度を遅らせるのだ

さらに再び、善逸とカナヲは姿を消し、攻撃を仕掛ける…

その攻撃に翻弄される無惨…さらにそこに”蛇の呼吸 参ノ型 塒締め”

赫刀になった伊黒に続き、善逸たちの助っ人!それに余裕ができた行冥は黒死牟との戦闘の時に発見した鉄と鉄を打ち合うとと灼けるような匂いを発し、色が変わることがわかった

鉄球と手斧を激しく打ち付けるとそれは赫く染まり、無惨の身体を破壊する!!

それを見た実弥は義勇に声を掛け…

(鬼滅の刃 第190話 参照)

激しく刀同士を打ちつけるとその二人の刀身が赫く染まっていく…

そして夜明けまであと一時間三分までと迫っていた

それでは「鬼滅の刃」第191話あらすじを始めていきます

愉史郎、炭治郎を救う!

鬼舞辻無惨の毒によって瀕死の状態である炭治郎…

炭治郎を全力で蘇生しようと愉史郎が治療に専念していると、かなり弱いが脈が戻ってき始めた

傍にいる村田が炭治郎に呼びかける、頑張れ炭治郎!!夜明けが近い無惨を倒しに行こう!無惨が逃げてしまうなどと…すると刀からギシギシと奇妙な音が鳴り始めると突如、炭治郎は目を覚ます!!

行冥、脳と心臓が十二箇所あることを確認する

その一方で無惨を食い止めている柱たち、実弥は愉史郎の札を拾い姿を隠し無惨を翻弄しながら攻撃をしている、使える物ならなんでも使う気持ちだ

そして行冥は透き通る世界で無惨の身体のしくみを見ることができ、さらに心臓と脳が多数あることを確認することが出来た、それが無惨が頚を斬られても死なない理由…

さらにその脳と心臓は身体の中で移動する…位置を定めることが出来ないからさらに攻撃の難易度が高くなる

だが行冥はもう一人自分と同じ透き通る世界が見える者がいればなんとかなると感じ、伊黒に身体を注視し、透き通って見えないかを確認すると

伊黒は一瞬だが身体が透けたように見えた…すると激しい音が鳴り響く…

(鬼滅の刃 第191話 参照)

激しい音と揺れが鳴り響き、それが落ち着くと…無惨の周りには誰もいなくなっていたのだ

無惨の速すぎる攻撃に吹き飛ばされたのだ…

腕を斬り落とされた者や足を斬り落とされた者…皆、致命的な傷を負ってしまった…

カナヲは刀を折られてしまったが何とか回避できたが、その光景に立ち上がることが出来なくなってしまった

止めを刺そうと無惨が腕を振り上げた時……

ヒノカミ神楽 輝輝恩光

(鬼滅の刃 第191話 参照)

”ヒノカミ神楽 輝輝恩光”

目を覚ました炭治郎が無惨の腕を斬り落とし、カナヲを助けたのだ

そしてカナヲの身柄を陰の人に任せる

(鬼滅の刃 第191話 参照)

復活した炭治郎だがその姿は何とも言えない姿だった…

その姿に無惨は醜い姿だ、どちらが鬼化わからないなと言う…

そしてこれで終わりにしよう無惨…と言い、炭治郎と無惨の戦いが始まる。

【鬼滅の刃】第191話をまとめてみると…

運営者
運営者
【鬼滅の刃】第191話をまとめてみると…

今回の話は夜明けまで無惨を食い止めている柱たち!!

だが無惨の激しい攻撃に耐えられなくなってしまいました

その時、毒に侵されていた炭治郎が復活します

炭治郎と無惨の戦いが始まります

これからの鬼滅の刃が楽しみです

また見に来てください

【鬼滅の刃】第192話あらすじ解説ネタバレ|